cb-logo_01.png

"Project

 Cybernetic being"

ムーンショット型研究開発事業
ムーンショット目標1「 2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」

身体的共創を生み出すサイバネティック・アバター技術と社会基盤の開発

人々が自身の能力を最大限に発揮し、多様な人々の多彩な技能や経験を共有できるサイバネティック・アバター技術を開発します。技能や経験を相互に利活用する場合の制度的・倫理的課題を考慮して、人と社会に調和した、身体的な技能や経験を流通する社会基盤を構築します。2050年には、この流通が人と人との新たな身体的共創を生み出し、サイバネティック・アバターを通じて誰もが自在な活動や挑戦を行える社会を実現します。

Team

Project Management / プロジェクトマネジメント
Kouta MINAMIZAWA
​南澤 孝太
Project manager
Keio Media Design
Professor
Kazuya OHARA
​小原 和也
Assistant project manager
Keio Media Design
Researcher
Cognitive Augmentation / 認知拡張研究グループ
Takuji NARUMI
​鳴海 拓志
The University of Tokyo
Associate professor
Sotaro SHIMADA
嶋田 総太郎
Meiji University
Professor
Ryuma NIIYAMA
新山 龍馬
The University of Tokyo
Assistant Professor
Parallel Agency / 経験共有研究グループ
Shunichi KASAHARA
笠原 俊一
Sony CSL
Researcher
Kai Kunze
クンツェ カイ
Kazuhisa SHIBATA
柴田 和久
RIKEN CBS
Team leader
Hirotaka OSAWA
大澤 博隆
University of Tsukuba
Assistant Professor
Keio Media Design
Professor
Collective Ability / 技能融合研究グループ
Yoshihiro TANAKA
田中 由浩
Nagoya Institute of Technology
Associate Professor
Charith Fernando
フェルナンド チャリス
avatarin Inc.
CTO
Cybernetic Avatar Platform / CA基盤研究グループ
Kouta MINAMIZAWA
南澤 孝太
Keio Media Design
Professor
Akira FUKABORI
深堀 昂
avatarin Inc.
CEO
Social Co-creation / CA社会共創グループ
Kentaro YOSHIFUJI
吉藤 健太朗
OryLab Inc.
CEO
Takeshi ANDO
安藤 健
Panasonic Corporation
General manager
Social System / 社会システム研究グループ
Ryota AKASAKA
赤坂 亮太
Osaka University ELSI Center
Associate Professor
Arisa EMA
江間 有沙
The University of Tokyo
Assistant Professor
web

Join Us / Contact Us

More details coming soon...