Cybernetic being
000 000

身体的共創を生み出すサイバネティック・アバター技術と社会基盤の開発

Creating the Future Society with Cybernetic Avatars

誰もが自由に活躍できる未来社会を目指し「もう1つの身体」としてのサイバネティック・アバターをデザインする

What’s Project Cybernetic being ?

人々が自身の能力を最大限に発揮し、多様な人々の多彩な技能や経験を共有できるサイバネティック・アバター技術を開発します。技能や経験を相互に利活用する場合の制度的・倫理的課題を考慮して、人と社会に調和した、身体的な技能や経験を流通する社会基盤を構築します。2050年には、この流通が人と人との新たな身体的共創を生み出し、サイバネティック・アバターを通じて誰もが自在な活動や挑戦を行える社会を実現します。

Pick up

  • YCAM InterLab Camp vol.4 遠隔・身体・共創
    Event 2022/10/13 - 2022/12/18

    YCAM InterLab Camp vol.4 遠隔・身体・共創

  •  株式会社オリィ研究所が福岡県立・福岡市立の6つの特別支援学校を対象に分身ロボット就労体験プログラムを実施します
    News 2022/11/11 - 2022/11/27

    株式会社オリィ研究所が福岡県立・福岡市立の6つの特別支援学校を対象に分身ロボット就労体験プログラムを実施します

  • GPAI SUMMIT 2022「仕事の未来」サイドイベント -多様な社会とワークスタイルへの挑戦と課題:AI・アバターと人間の共創
    Event 2022/11/01 - 2022/11/22

    GPAI SUMMIT 2022「仕事の未来」サイドイベント -多様な社会とワークスタイルへの挑戦と課題:AI・アバターと人間の共創

  • Cybernetic being Vision vol.4 ー コンピュータと融合する「自分」の境界線を旅する(笠原俊一)
    Cybernetic being Vision

    Cybernetic being Vision vol.4 ー コンピュータと融合する「自分」の境界線を旅する(笠原俊一)

Members

  • Kouta MINAMIZAWA

    南澤 孝太

    Project Manager , Professor

    Keio Media Design

    WEB
  • Takuji NARUMI

    鳴海 拓志

    Associate Professor

    The University of Tokyo

    WEB
  • Shunichi KASAHARA

    笠原 俊一

    Researcher

    Sony Computer Science Laboratories

    WEB
  • Yoshihiro TANAKA

    田中 由浩

    Professor

    Nagoya Institute of Technology

    WEB
  • Akira FUKABORI

    深堀 昂

    CEO

    avatarin Inc.

    WEB
  • Kentaro YOSHIFUJI

    吉藤 健太朗

    CEO

    OryLab Inc.

    WEB
  • Ryota AKASAKA

    赤坂 亮太

    Associate Professor

    Osaka University ELSI Center

    WEB
Copyright (c) JST Moonshot Project Cybernetic being. All rights reserved.