Cybernetic being
000 000

身体的共創を生み出すサイバネティック・アバター技術と社会基盤の開発

Creating the Future Society with Cybernetic Avatars

誰もが自由に活躍できる未来社会を目指し「もう1つの身体」としてのサイバネティック・アバターをデザインする

What’s Project Cybernetic being ?

人々が自身の能力を最大限に発揮し、多様な人々の多彩な技能や経験を共有できるサイバネティック・アバター技術を開発します。技能や経験を相互に利活用する場合の制度的・倫理的課題を考慮して、人と社会に調和した、身体的な技能や経験を流通する社会基盤を構築します。2050年には、この流通が人と人との新たな身体的共創を生み出し、サイバネティック・アバターを通じて誰もが自在な活動や挑戦を行える社会を実現します。

Pick up

  • Fragment Shadow
    Parallel Agency

    Fragment Shadow

  • Morphing Identity
    Cognitive Augmentation

    Morphing Identity

  • 第3回CAS研究会「経験・技能共有と知的財産権による保護」@オンライン
    Study Group 2021/08/24 - 2021/09/03

    第3回CAS研究会「経験・技能共有と知的財産権による保護」@オンライン

  • サイバネティック・アバター社会研究会が発足しました
    Study Group 2021/06/09 - 2021/06/09

    サイバネティック・アバター社会研究会が発足しました

Members

  • Kouta MINAMIZAWA

    南澤 孝太

    Project Manager , Professor

    Keio Media Design

    WEB
  • Takuji NARUMI

    鳴海 拓志

    Associate Professor

    The University of Tokyo

    WEB
  • Shunichi KASAHARA

    笠原 俊一

    Researcher

    Sony Computer Science Laboratories

    WEB
  • Yoshihiro TANAKA

    田中 由浩

    Professor

    Nagoya Institute of Technology

    WEB
  • Akira FUKABORI

    深堀 昂

    CEO

    avatarin Inc.

    WEB
  • Kentaro YOSHIFUJI

    吉藤 健太朗

    CEO

    OryLab Inc.

    WEB
  • Ryota AKASAKA

    赤坂 亮太

    Associate Professor

    Osaka University ELSI Center

    WEB

Copyright (c) JST Moonshot Project Cybernetic being. All rights reserved.