About

科学技術振興機構 ムーンショット型研究開発事業
「技能」を自在に共有し、
多層化した豊かな人生を生きる
サイバネティック・アバターという「新たな身体」を発明する。

Project
Cybernetic being

image

(案1)Project Cybernetic beingは、破壊的イノベーションの創出を目指し、従来技術の延長にはない、より大胆な発想に基づく挑戦的な研究開発「ムーンショット型研究開発制度」により発足しました。本プロジェクトは「目標1 2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現」を目指した研究開発プロジェクトです。

サイバネティックアバターという「新たな身体」のデザインを通じて、人間の能力を最大限に発揮し他者の経験をも取り込みながら、障碍や年齢、得意不得意を問わず、誰もが自由に活動できるようになる社会を実現します。

image

サイバネティック・アバターという「新たな身体」を発明する

image

サイバネティク・アバターという「新しい身体」は、⼈とアバター間での、経験共有や技能融合によって、「身体的共創」を実現します。人にとって使い勝手の良いアバター、ロボットの開発ではなく、人と人、人とアバター/ロボットとの共創を実現し、新しい「生き方」を可能にします。

本研究開発プロジェクトでは、サイバネティック・アバターという新しい「身体」を獲得する未来社会の実現を目指します。そのためには、人の多様で多彩な経験や技能がサイバー空間に記録、共有され、人がアバターを通して自由にアクセスでき、共創が生まれる基盤を構築していくことが重要です。

image

⾃分の能⼒を最⼤限に発揮し他者の経験をも取り込みながら障碍や年齢、得意不得意を問わず、誰もが⾃由に活動できるようになる

image

具体的には、人の状況や環境に応じて、アバターを通して自分の可能性を最大限に引き出すこと、自分の経験を並列化して異なる複数の場所で同時に行動できること、多様な人々の多彩な技能を融合して個人の能力を超えられる「新しい身体」のデザインを目指します。

自分ができること、誰かができること、アバター/ロボットにできることが調和し、より豊かな人生経験を得られる未来社会に向けて、人とアバターとの共創を実現し、新しいアバターロボット産業の創造に寄与します。

Groups

プロジェクトを動かす6つのワーキンググループ

Cbプロジェクトを動かす6つのワーキンググループをテーマと共にご紹介します。Cbプロジェクトを動かす6つのワーキンググループをテーマと共にご紹介します。Cbプロジェクトを動かす6つのワーキンググループをテーマと共にご紹介します。

image

グループ1 Group1

グループ1の概要です

グループ1のテーマです

image

グループ1の説明テキストです。グループ1の説明テキストです。グループ1の説明テキストです。グループ1の説明テキストです。グループ1の説明テキストです。グループ1の説明テキストです。

グループ2 Group2

グループ2の概要です

グループ2のテーマです

image

グループ2の説明テキストです。グループ2の説明テキストです。グループ2の説明テキストです。グループ2の説明テキストです。グループ2の説明テキストです。グループ2の説明テキストです。グループ2の説明テキストです。

グループ3 Group3

グループ3の概要です

グループ3のテーマです

image

グループ3の説明テキストです。グループ3の説明テキストです。グループ3の説明テキストです。グループ3の説明テキストです。グループ3の説明テキストです。グループ3の説明テキストです。グループ3の説明テキストです。グループ3の説明テキストです。

グループ4 Group4

グループ4の概要です

グループ4のテーマです

image

グループ4の説明テキストです。グループ4の説明テキストです。グループ4の説明テキストです。グループ4の説明テキストです。グループ4の説明テキストです。グループ4の説明テキストです。グループ4の説明テキストです。グループ4の説明テキストです。

グループ5 Group5

グループ5の概要です

グループ5のテーマです

image

グループ5の説明テキストです。グループ5の説明テキストです。グループ5の説明テキストです。グループ5の説明テキストです。グループ5の説明テキストです。グループ5の説明テキストです。グループ5の説明テキストです。

グループ6 Group6

グループ6の概要です

グループ6のテーマです

image

グループ6の説明テキストです。グループ6の説明テキストです。グループ6の説明テキストです。グループ6の説明テキストです。グループ6の説明テキストです。グループ6の説明テキストです。

What We Do

Cbプロジェクトではどんな取り組みをまずは行っているか、かんたんに説明するためのページです。それを紹介する文章がここに150文字程度ではいります。それを紹介する文章がここに150文字程度ではいります。それを紹介する文章がここに150文字程度ではいります。

Message

閲覧者にむけての言葉、メッセージのタイトル

ここに南澤先生がCbプロジェクトにかける思いや、Webを閲覧しているゆーざーにむけての言葉、メッセージがはいります。ここに南澤先生がCbプロジェクトにかける思いや、Webを閲覧しているゆーざーにむけての言葉、メッセージがはいります。ここに南澤先生がCbプロジェクトにかける思いや、Webを閲覧しているゆーざーにむけての言葉、メッセージがはいります。ここに南澤先生がCbプロジェクトにかける思いや、Webを閲覧しているゆーざーにむけての言葉、メッセージがはいります。ここに南澤先生がCbプロジェクトにかける思いや、Webを閲覧しているゆーざーにむけての言葉、メッセージがはいります。

Message

member(english) 英語用メンバー 肩書きテスト 所属テスト
  • Takuji NARUMI

    鳴海 拓志

    Associate Professor

    The University of Tokyo

    WEB
  • Sotaro SHIMADA

    嶋田 総太郎

    Professor

    Meiji University

    WEB
  • Yoshihiro TANAKA

    田中 由浩

    Professor

    Nagoya Institute of Technology

    WEB
  • Akira FUKABORI

    深堀 昂

    CEO

    avatarin Inc.

    WEB
  • Kentaro YOSHIFUJI

    吉藤 健太朗

    CEO

    OryLab Inc.

    WEB
  • Ryota AKASAKA

    赤坂 亮太

    Associate Professor

    Osaka University ELSI Center

    WEB

Copyright (c) JST Moonshot Project Cybernetic being. All rights reserved.